便の色と体調

便の色を毎日チェックすることで、健康状態を知るとともに病気の早期発見や予防にも役だてることができます。今日からあなたもチェック!

サイトトップ > 血が混じると、赤い色の便が出ます

スポンサードリンク

便の色と体調

血が混じると、赤い色の便が出ます


うんちに赤い色が混じっていたりすると、ドキッとするひとが多いでしょう。ひとの身体で赤い色といえば、血液の色。便についていたり、混じっていたりする赤い色も血液の色です。


血液は長い時間そのままにしておくと凝固する性質があります。色も黒っぽくなってきます。うんちに混じる血液も同じことですので、赤い血液が混じっている場合、肛門に近い場所から出血していると考えられます。


反対に黒いうんちが出る場合は、肛門から遠い臓器での出血が考えられるのです。赤い便でいちばん多い原因は、肛門そのものに問題がある「痔」です。硬いうんちをむりに出した場合などに肛門が切れて出血したり、いきむことで肛門に負担がかかってうっ血し、いぼ痔になることもあります。


痔の場合は便の周囲に赤い血がついているだけですので、便じたいが赤くなっていたり血が混じっている心配はありません。痔が完治すれば問題も解決されます。


逆にうんちそのものがまっ赤になっていたり、血が混じってまだらになっている場合は、大腸で出血している可能性が大。大腸の免疫異常といわれる潰瘍性大腸炎やポリープ、ガンなど重大な疾患が疑われるため、早期に医師の診断を受けてください。


便の色と体調

MENU



スポンサードリンク