便の色と体調

便の色を毎日チェックすることで、健康状態を知るとともに病気の早期発見や予防にも役だてることができます。今日からあなたもチェック!

サイトトップ > お腹の状態は、健康のバロメーターなのです

スポンサードリンク

便の色と体調

お腹の状態は、健康のバロメーターなのです


毎日、あるいは毎回の便の色と状態をチェックして、健康維持に役だてましょう。便の色にはいろいろな種類があり、黒、白、赤、緑、黄色などの場合もあります。それぞれの便の色で病気の可能性を発見することができ、症状に応じた予防策や早期の治療につなげることができるのです。


また便の色だけではなく、便の形や臭い、硬さなども腸内環境の状態を推測するうえで重要な要素となります。お腹の状態は健康のバロメーターといわれますが、腸内環境を把握することで現在の健康状態を知ることができるのです。


健康な便とは、どんなものでしょう? ふつう健康なうんちの色は黄色から黄褐色をしていて、硬さはバナナから歯磨き粉程度、バナナ程度の大きさのもの2、3本が、いきむことなく自然に出る場合に健康な便と呼びます。


そして残便感がなく、すっきりした感じがするのも特徴です。腸内の善玉菌が活発になっている状態を示す黄色から黄褐色をしているうんちですから、もちろん、きつい匂いはしません。


健康な便を出すためには、バランスのいい食事とともに適切な食事料もたいせつです。食物繊維や食べ物の残りカスが少ないと便がすっきりと出にくくなり、ダイエットはNGなのです。


便の色と体調

MENU



スポンサードリンク